自分に合った仕事

最近では日本の輸出企業が好調です。それに伴い製造系の求人が増えています。始めて仕事をする人や、ブランクがある人でも採用されやすい軽作業の仕事は人気が高まっています。

Read More..

求人の取り組み

日本には多くの職種があります。軽作業の求人も見かけることが多くなり、誰でも応募できることを強調した宣伝で多くの応募者を募っています。求職者に対して応募しやすい環境を作っています。

Read More..

転職に掛かる費用

転職するためにはお金が掛かります。一度会社を辞めて新しい転職先を探す必要があるためです。前職の就業中や有給などを使って転職活動をすることで、転職によって掛かる費用を削減することができます。

Read More..

再度人気職を目指す

一昔前では映画の題材にも使われるほど人気があり、男性の憧れの職業だったトラックドライバーですが、現在は仕事が大変、収入が低いといったマイナスのイメージが定着してしまったことで、ドライバーになる人が減っています。求人誌や求人サイトでも広く募集を募っていますが、中々増えていないのです。トラックドライバーに関して、イメージだけが先行していることは否定できず、多くの人が誤った認識を持っている可能性があります。トラックドライバーの仕事は大きく分けて二つの種類があり、地場ドライバーと長距離ドライバーに分けることができます。仕事内容や移動距離によって分類されるのですが、それぞれに違った特徴があります。まずは地場ドライバーですが、運送業では一番多いドライバーです。自らが拠点としている車庫や会社などといった場所から、50kmから200km圏内で配達を行っているドライバーのことです。次に長距離ドライバーですが、その名の通り長距離の配達を行うドライバーのことをそう呼んでいます。中距離も含め主に片道300kmをオーバーする距離で配達を行っています。

トラックドライバーに必要なスキルは運転技術です。特殊車両などといった有利になる免許もありますが、まず一番に必須条件なのは普通免許です。それ以外でもっと大型のトラックを運転することができる中型免許や大型免許があります。会社が提示している条件をクリアすることで、稀に会社負担で中型や大型は取得することができますが、普通免許は最低でも必要になります。近年、トラックドライバーの求人は増加しており、人手不足が懸念されています。作業環境や所得面でも不安が主な理由ですが、若年層からトラックドライバーという職業への興味が離れているということも原因として挙げられます。少しでも若年層を取り入れるため、普通免許で運転できるトラックの総重量を変更する動きまで見られています。人手不足が深刻となっていますが、求人を出すことで少しでも多く人の目に触れることができます。日常生活を送る上で欠かすことのできない重要な仕事です。

Menu

今後についての予測

事務職は女性に人気の職業です。男性も多くいますが比率的には女性が多く、書類整理や作成業務といった力仕事でないため人気があると考えられます。需要はこれからも継続していくことが予想されています。

Read More..

注目の記事